up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 就寝時はコード付きの耳栓、オフィスではケース付きの耳栓をそれぞれ装着




大橋悦夫就寝時に耳栓を装着する話の続きですが、昨夜初めてコード付きの耳栓を装着して寝ました。

一昨日まではコードなしの耳栓だったので、なくす心配がありましたが(というか実際に朝起きたら片方が外れてどこかに行ってしまいました)、コードつきなら安心です。装着の仕方も良かったようで、朝まで外れませんでした。

» 安眠のためには、目を閉じ、耳の穴は塞ぎ、鼻の穴は広げ、口は閉じる

以下がそのコード付きの耳栓です(まだら模様はデザインです)。



装着の仕方は以下のページで解説されている方法に従いました。

» フォームタイプ耳せんの装着方法(Moldex Japan)
 
ポイントは次の2つです。

  • 耳に詰めるときに耳を上に引き上げることと
  • 詰めてからしばらく指で押さえておくこと

耳(厳密に言うと耳介(じかい)の上の部分)をつまんで上方に引き上げることで、耳の穴(外耳道;がいじどう)が広がり、耳栓が入りやすくなります。

しばらく指で押さえるのは、耳の中で耳栓が元の大きさに戻るのを待つためです。

Ads

元の大きさに戻るまでにどれくらいの時間がかかるのか?

耳に詰める前に、指でつぶして細長くするのですが、そこから元の大きさに戻るまでにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

気になったので、時間を計ってみました。

▼つぶして細長くなった状態


▼元の大きさに戻った状態


▼元の大きさに戻るまでの一部始終(タイムラプス)
元の大きさに戻るまでの一部始終

だいたい2分でほぼ完全に元に戻る感じです(先ほどの解説ページでは、30~60秒ほど押さえておくように書かれていましたので、完全復活まで押さえておく必要はないのですね)。

オフィスではコードなしの耳栓を装着

オフィスでの仕事用に常時携帯することにしたのが、以下のケース付きの耳栓。先ほどのタイムラプス撮影で使った耳栓です。

ケースに収納できるので持ち運びに便利です。



さらに、ノイズキャンセリングヘッドホンを装着

耳栓をしたうえで、さらにその上からかぶせる形でノイズキャンセリングヘッドホン「Bose QuietComfort 35」を装着してみました。

» Bose QuietComfort 35 はSkypeなどの音声通話でも使える

boseqc35deskype-w640

耳栓だけでも十分な遮音状態ですが、さらに遮音の密度が高まった感じです。そのまま音楽を再生すると、ちゃんと聞こえますが、耳栓越しなのでさすがに遠いです。文字通り壁越しに音楽を聴いている感じですが聴けないことはない、というレベル。

↓耳と騒音の間に耳栓に加えて、

  • 耳 < 耳栓 < 騒音


↓ノイズキャンセリングヘッドホンを置き、

  • 耳 < 耳栓 < ノイズキャンセリングヘッドホン < 騒音


↓さらに、音楽を挟むことで“壁”を厚くするイメージです。

  • 耳 < 耳栓 < 音楽 < ノイズキャンセリングヘッドホン < 騒音


ここまでくると、手元で入力しているキーボードの音も聞こえなくなります。水中に潜ったときのような感覚に近く、完全に目の前の作業に没入できます。まるで画面に吸い寄せられるかのようです。

↓コード付き(ケースなし)

» MOLDEX 耳栓 CamoPlugs 6609 NRR33 コード付き (モルデックス カモプラグ) 3ペア


↓ケース付き(コードなし)

» MOLDEX meteors メテオレギュラー 耳せん 2ペア 純正ケース付




▼「ツール紹介」の新着エントリー

» 「ツール紹介」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る