up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 朝一番に取りかかる順番を決めたら、可能な限りこの順番に沿って仕事を進めるのが最短ルートになる






大橋悦夫毎朝、その日に予定しているタスクすべてに目を通し、取りかかる順番に並び替えるようにしています。このタスクリストに沿って、上から順に書かれているタスクを1つとして飛ばすことなく実行していくと、その結果は「その日に予定しているタスクすべてをその日のうちに終えるための最短ルート」になります。

これを実行するためには、次の2つが要ります。

  • その日に予定しているタスクの一覧
  • 取りかかる順番を決めるための必要条件
Ads

その日に予定しているタスクの一覧

ゴールは「その日に予定しているタスクすべてをその日のうちに終える」ことなので、この一覧は朝一番の時点で「確定」させておく必要があります。

そういう意味では、この一覧は、路線バスの停留所一覧のようなものです。どのバス停にどの順番で停まるのかが予め決まっているため、コースもおのずと一意に決まります。

時間がないからといって、いくつかバス停を飛ばしたり、近道のために裏道を抜けたり、といったことはありません。

すなわち、「クローズ・リスト」ということになります。

クローズ・リストについては、『仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版』で以下のように解説されています。

いつも同じ方法で優先順位をつければ、必ず同じような仕事がやり残しになります。緊急な仕事から始める人は、どんな仕事も緊急になるまでやらないし、大事な仕事を選ぶ人は、大事ではない仕事には目もくれません。

この問題を解決するには、仕事量を適切に保つしかありません。できない仕事を引き受けない方がよいのはそのためであり、それを実現するのが、この「クローズ・リスト」です。

1つの運行系統ですべてのバス停を回りきれないなら、いくつかの運行系統で分担することが“現実路線”ということになります。

取りかかる順番を決めるための必要条件

一覧のタスクすべてをその日のうちに終えるためには、一覧が「終えることができる順番」に並んでいる必要があります。

先のバス停の例でいえば、すべてのバス停をもれなく通過する一本の最短ルートが、その順番となります。

そのためには、以下のようなタスク間の前後依存関係が把握できている必要があります。

  • タスクDを実行するためには、タスクCが完了している必要がある
  • タスクCを実行するためには、タスクBが完了している必要がある
  • タスクBを実行するためには、タスクAが完了している必要がある

この場合、前後依存関係を満たす順番は、以下です。

  • タスクA
  • タスクB( ← Aが完了)
  • タスクC( ← Bが完了)
  • タスクD( ← Cが完了)

これとは別に、以下のようなタスクと実行時間帯の相性も考慮に入れる必要があります。

  • タスクEは午前中に取り組むのがもっとも効率よく進めることができる
  • タスクFはどの時間帯でも進めることができる
  • タスクGの着手は午後以降が望ましい

これらを考慮に入れた順番は、以下です(午前と午後の区切りを明確にするために「ランチ」というタスクを追加しています)。

  • タスクE( ← 午前中が効率がよい)
  • ランチ
  • タスクG( ← 午後以降が望ましい)
  • タスクF( ← どの時間帯でもOK)

さらに、先ほどの前後依存関係を満たす順番と合わせると、一覧は以下のようになります。

  • タスクA
  • タスクB( ← Aが完了)
  • タスクC( ← Bが完了)
  • タスクD( ← Cが完了)
  • タスクE( ← 午前中が効率がよい)
  • ランチ
  • タスクG( ← 午後以降が望ましい)
  • タスクF( ← どの時間帯でもOK)

この一覧が得られさえすれば、あとは上から順に実行していくだけです。

もし、朝の時点でこの一覧を目にしたときに「タスクAはどうにも気が進まない」と感じると、次にとりうる選択肢は以下のいずれかです。

  • タスクE( ← 午前中が効率がよい)
  • タスクG( ← 午後以降が望ましい)
  • タスクF( ← どの時間帯でもOK)

「タスクE」であれば「午前中」の条件を満たすのでまだ良いのですが、「タスクG」や「タスクF」に着手した場合は、「その日に予定しているタスクすべてをその日のうちに終える」というゴールの達成が難しくなります。

ルートが乱れるからです。

▼「タスクE」に最初に着手する場合(さほど問題はないかもしれない)

  • タスクE( ← 午前中が効率がよい)
  • タスクA
  • タスクB( ← Aが完了)
  • タスクC( ← Bが完了)
  • タスクD( ← Cが完了)
  • ランチ
  • タスクG( ← 午後以降が望ましい)
  • タスクF( ← どの時間帯でもOK)

▼「タスクG」に最初に着手する場合(一部が午後にズレこんでしまう)

  • タスクG( ← 午後以降が望ましい)
  • タスクF( ← どの時間帯でもOK)
  • タスクA
  • タスクB( ← Aが完了)
  • ランチ
  • タスクC( ← Bが完了)
  • タスクD( ← Cが完了)
  • タスクE( ← 午前中が効率がよい)

バス停の例でいえば、いくつかのバス停を飛ばすために、後からそれらのバス停に戻ってくることになるため、その分の移動がロスになるイメージです。

まとめ

もちろん、現実にはやむを得ない割り込みタスクが発生することもありますし、刻々と状況が変化するために、朝の時点の順番が終日ずっと「最適」とはいえないこともあるでしょう。

それでも、そういった割り込みや状況の変化がいっさいなかった場合の最適なルートを把握しておくことで、「本来はどういうルートを通るはずだったのに、現実にはどれくらいそこから脱線したのか、今後そういった脱線を防ぐにはどうすればいいか」といった再発防止のための対策を立てることができます。

最適なルートが把握できていない場合は、見通しのつかないままに常に波にのまれる毎日を過ごすほかなくなります。

参考文献:

» 仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版[Kindle版]




▼「タスクシュート時間術」の新着エントリー

» 「タスクシュート時間術」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る