up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 毎朝の起床時に体温を測る習慣を始めました






大橋悦夫昨年末、2016年12月30日から毎朝起床時に体温を測る(検温)習慣を始めました。まだ10日ほどですが、興味深い発見がありました。検温を忘れずに続けるために実践していることと合わせてご紹介します。

きっかけは、年末の入院でした。

背中にできた瘤を除去する手術のためで、入院は人生で二度目。

今回の手術は初めての全身麻酔で、手術室に入ってからしばらくして記憶がプツンと途切れ、次に気づいたときには手術が終わっていました。

ぼんやりとした視界の中に、執刀してくださった主治医の顔が現れ「終わりましたよ~」と話しかけられますが、声がうまく出せないため何とかうなずき、そのまま病室に運ばれます。

睡眠以外で意識を失う経験は皆無だったので(酔いつぶれて記憶をなくすという経験もなし)、個人的には鮮烈な体験となりました。



それはさておき、わずか2泊3日とはいえ、改めて入院生活のルーチンっぷりに感銘を受けました。

検温、採血、回診といったルーチンがほぼ決まった時刻に粛々と行われるのです。

きっと様々なチェックリストやレシピ、あるいは個別の申し送りメモなどが看護師チーム内で共有され、運用されているのだろうな、と想像するだけで少し興奮してきます。

そんな中で、なぜ今までやってこなかったんだろう、と思ったのが検温。

自分の健康状態を知り、異変を早期発見する上で、睡眠時間や体重に加えて、体温もまた継続的に測定し、記録に残しておく価値のあるものだと感じたので、退院後にさっそく検温習慣をスタートしました。

Ads

せっかくなので体温計を新調

体温計はすでに持っていましたが、家族と共有のものが1つあるだけなので、自分専用に1つ新調することにしました。

購入したのは、オムロンの「電子体温計けんおんくん」。

先端がぐにゃっと曲がったりして面白いのですが、

それ以上に驚かされたのが検温時間。なんとわずか15秒前後で測定終了です。

脇に挟んで、ぼーっとする間もなく「ピピピッ」という電子音で測定終了を知らせてきます。

「独自の分析・演算技術で高速演算処理し、約15秒で約10分後の体温を予測」するそうです。選挙の開票速報みたいな感じですね。

さらに、過去10回分の検温結果を日時とともに閲覧できるのも良いです。画面もバックライトつきで見やすいですし。

▼「<」を押すと過去の検温結果が表示されます。


たすくまで毎朝のルーチンに組み込む

朝起きてからの一連のルーチンがたすくまにすでに登録済みですので、この一覧を眺めて検温をするのに最適なタイミングを探して、組み込みます(一覧の中ほどにある「今朝の気分」についてはこちらでご紹介しています)。



よほどのことがない限り間違いなく毎回36度台のはずですので、数日後にリピートタスク名に「36.」まで入れるようにしました。

これで、記録時は小数点第1位だけを入力すれば済みます。



まぁ、一番良いのは「Withings スマート体重計」のようにWi-Fi経由で自動的に記録が残ることなのですが…。

たすくまからEvernoteに個別に送信して、以下のように一覧で見られるようにしています。



興味深い発見

まだ10日しか測っていないのでなんとも言えませんが、興味深い発見がありました。

通常は36.3~36.5度の範囲内なのですが、ときどき36.6~36.7度になることがあり気になっていました。まぁわずかな違いではあるのですが、何か原因があるのかなと不思議に思って記録を遡ってみました。

すると、思い当たるふしが。

前夜にお酒を飲んだ翌朝は、例外なく36.6~36.7度になっていたのです。

だからどうということはないのですが、人間の身体というのは実に精緻に機能しているものだと改めて感心させられます。

記録を続けることで見えてくることが他にもあると思いますので、今後も観測を続けていくつもりです。

良かったらぜひご一緒に。

» オムロン 電子体温計 けんおんくん わき専用 MC-682


» Withings スマート体重計 Body Cardio ホワイト Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】


関連:

記録を続けることで得られるあれこれについてはいろいろ記事を書いていますので、ぜひご一読ください。

» 時間の記録を毎日続けていると「小さな穴」を塞ぐことができる

見方を変えると、記録を通して「穴」を見つけ出し、これを塞いでいく、という活動になります。


» 記録を続けていると、そこに近道が現れる

記録が濃くなるということは、その活動に対して少なからず思い入れがあるわけですから、それが自分にとって「得意」なものである可能性が高いといえます。

少なくとも「自分にとっての“労力の割に周りが認めてくれること”っていったい何だろう?」と漠然と考えるよりも、少ない手数で“答え”に近づくことができるでしょう。

記録が濃くなるということは、それだけ他の活動をさしおいて、その活動に優先して時間とエネルギーを投下しているはずだからです。


» 記録を「判断の歴史」としてとらえると、その有用性が増し、習慣化を後押ししてくれる

結論から言うと、残した記録が何らかの形で「これは役に立つ!」と実感できるようにすることです。

そのように実感できるときというのは、記録が「判断の歴史」になっているときでしょう。

それを辿っていけば、「どうしてこうなった?」に答えられるようになる状態です。




▼「続ける仕組みの作り方」の新着エントリー

» 「続ける仕組みの作り方」の記事一覧

▼「記録の取り方と活かし方」の新着エントリー

» 「記録の取り方と活かし方」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る