up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > SIMフリーのiPhone 6 PlusになってソフトバンクからBIC SIM(みおふぉん)にMNPした話




BIC SIM

海老名久美仕事柄、iPhoneは欠かせないツールなので、新しいiPhoneが出るたびに買い換えて、毎月安くはない通信量を何年も払い続けてきました(iPhone 5s、5cは買いませんでしたが)。

ただ、今年、SIMフリーのiPhone 6 Plusを使い始めるにあたって、格安SIMにできないかと調べたところ、IIJmio(みおふぉん)なら、今の携帯番号を維持したまま、MNPできると知りました。

格安SIMは、すでに「so-net モバイル LTE ハイスピードMプラン」に入っていて、Nexus 7で使っているので、なじみはあるのですが、音声通話も必要となると、IIJmioがダントツで使い勝手が良さそうでした。

しかも、ビックカメラのBIC SIMカウンターで申し込みをすれば、その場でSIMを持って帰れるため、携帯電話が使えない期間が、実質数時間で済むらしいというではありませんか。

さらに、10月1日から、一番安いプランの通信量が、それまでの1GBから2GBにアップするというので、10月1日に申し込みに行くことにしました。

BIC SIMの詳細については、公式サイトを参照してください。

BIC SIM(ビックシム)-ビックカメラ.com


Ads

事前準備

まずは、マイソフトバンクで自分の毎月の通信量を確認したところ、1年に1回くらいは、3GB近く使っていますが、だいたい1.5GB前後であることが分かりましたので、音声通話付きの「ミニマムスタートプラン(月額税抜き1600円)」でいけることを確認しました。

また、通話はほとんど自分からすることはなく、半年に1回あるかどうか。仕事用にも使っていますが、こちらも半年に1回かかってくるかどうか。通話料が安くなくても、損をすることはなさそうです。

また、みおふぉんなら「楽天でんわ」アプリが使えるという情報もネットで見ましたので、電話をかける必要があるときは、楽天でんわを使えば問題なさそうです。

問題は、ソフトバンクの2年縛りの途中であるということで、違約金がかかってしまうことに加えて、MNP転出手数料と新規契約手数料などがかかること。

ただ、こちらも計算してみると、半年もすれば、毎月かかる費用の安さのメリットの方が、初期費用のデメリットを上回る様子。

こうして、MNPすることに決めて、ソフトバンクに電話をし、MNP予約番号を取得しました。

» IIJ BIC SIM音声通話パック


手続き

10月1日のお昼ごろ、新宿西口のビックカメラに行きました。が、待ち人数が10人以上。これでは、その後の予定に間に合わないので、同じく新宿のビックロに移動。混んでいたら、翌日にしようと思いましたが、幸い、すぐに手続きできる状況でした。

しかしながら、iPhone 6/6 Plusで使えるnanoSIMタイプが大人気で、ちょうど私のところで在庫切れというギリギリセーフ。想像以上の人気ぶりです。

まずは、申し込み用紙に、名前やMNP予約番号などを記入します。

その後、「IIJ BIC SIM音声通話パック」を購入済みかどうかを聞かれましたが、まだ購入していなかったので、その場で購入することに。この「IIJ BIC SIM音声通話パック」という意味が分からなかったのですが、要するに、初期費用をこのパックを購入することで支払うようなものです。

「IIJ BIC SIM音声通話パック」には、「エントリーコード」というものが書かれていて、IIJmioへの申し込みに、このエントリーコードが必要なのです。購入済みであれば、これを持ってBIC SIMカウンターに行けば良いのでしょう(写真付きの身分証明書と本人名義のクレジットカードも必要です)。

その後は、渡されたiPadの画面の指示に従って、個人情報などを入力しながら手続きが進められます。身分証明書である免許証をiPadで撮影してアップロードしたところで、手続きが終了。

本人確認ができる、約1時間後に、再度カウンターに行く必要があります。

nanoSIMの受け取りから開通まで

手続きから1時間半後に、再度BIC SIMカウンターに行きました。用意されているnanoSIMを渡されて、「IIJ BIC SIM音声通話パック」の会計を済ませます。

このままの状態では、MNPしてしまっているので、iPhoneが使えません。

そこで、近くの落ち着けるお店に入り、iPhone 6 PlusのSIMを入れ替えてから、持っていたNexus 7でテザリングしながら、説明書に従って、APN構成プロファイルをダウンロードしてインストールしました。これで、即座にiPhoneが使える状態に! 当たり前ですが、アンテナ表示が「docomo」に変わりましたよ(笑)。

BIC SIMの特典として、公衆無線LANサービスのWi2 300が使えるのですが、この登録ができたのは、ちょうど3日後でした。1週間ほどかかることがあると書いてあったのですが、早めに登録できて良かったです。

使い勝手など

高速通信するためには、バンドルクーポンを使う状態(オン)にする必要がありますが、このオン/オプは、「みおぽん」という専用アプリで簡単に実行できます。

ただ、バンドルクーポンを使わない状態(最大200kbps)でも、Twitterやメール、Feedlyで記事を読む、Safariで写真が少し入っている程度の記事を読むなどの作業には、ほとんど不便を感じません。大きな写真を見たり、動画を見たりするには、バンドルクーポンをオンにする必要がありますが、「お気に入りに入れておいて家で見ればいいや」という感じです。

ただし、いいことばかりではありません。

SMSの送信には1通ごとに送料がかかりますし、クーポンを適用せずに通信速度が最大200kbpsの状態で、直近3日あたりの通信量が366MBを超えた場合は通信速度制限があります(キャリアより厳しい制限)。もちろん、通話が多い人には向きません。LINEの年齢認証ができない、ID検索機能が使えないなどの不便もあります。

これを読んで、乗り換えたいと思う人もいらっしゃると思いますが、メリットとデメリットをよく検討し、Webサイトに書かれている注意事項や制限事項を、すみずみまでよく読んで決めることをおすすめします。

» IIJ BIC SIM音声通話パック


▼編集後記:
海老名久美



iPhone 6 Plusを使うことになった経緯は、自分のブログ「「カメリオ」の白ヤギコーポレーションさんのオフィスを訪問しました – SPEAQ」に書いています。


▼海老名久美:
フィーリング重視のガジェッターでライターで翻訳者。「SPEAQ」の中の人。

» 「次もよろしく!」と言われるための仕事術 質を落とさずスピードアップしたいすべてのビジネスパーソンへ![Kindle版]




▼関連エントリー

▼「サービス紹介」の新着エントリー

» 「サービス紹介」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る