up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 脳はMPを節約しようと躍起になっている






佐々木正悟 ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』は非常に面白い本ですが、ただ単に面白い本ではなく「面白い上に役に立つ本」です。


どう「役に立つ」かというと『ファスト&スロー』を「タスク管理の本」として読むとわかります。

急いで断っておきますが、『ファスト&スロー』には「タスク管理」という言葉は、少なくとも私が使う意味では出てきません。それでも「タスク管理本」として読むことはとんでもなく強引ということはないし、これを考えたのも決して私一人ではありません。

こちらシゴタノ!でもおなじみの倉下忠憲さんも、明らかに私と同じ文脈で『ファスト&スロー』を読まれたようで、下記引用から始まる記事には多々共感しました。

この本によるとセルフコントロールと認知的努力は知的作業の一形態らしい。

R-style » セルフコントロール力との付き合い方 あるいはMP戦略

私も倉下さんにならって「マジックポイント」(以下MP)を比喩に使いながら、本書上巻の読みどころを紹介しましょう。

Ads

脳はMPを節約しようと躍起になっている

本書に繰り返し登場するのは「システム1」と「システム2」という「高速なシステム」と「鈍足なシステム」です。『ファスト&スロー』という本書のタイトルもここからきています。

脳には「システム1」(ファスト)と「システム2」(スロー)が備わっていて、知的作業や判断に「システム1」が使われがちであり、そしてよく失敗する、というのが一貫したテーマになっています。

「システム1」というと味気なくてわかりにくいですが、一般的には「直感システム」です。このシステムは高速に働き、エネルギーを喰わず、楽観的という長所を備えている一方、他愛もなく致命的な間違いを繰り返し犯すという欠陥があります。

その「直感システム」の欠点を補うためにあるのが「システム2」というわけですが、残念ながら「2」はMP消費が激しいので、なかなかスイッチが入りにくい。だから間違っても何でも「1」で思考処理されやすいというわけです。

なぜなら「脳はMPを節約したいから」です。

今思えば言葉の使い方に問題がありましたが、私はこのMPのことを一時期「やる気」と呼んでいました。拙著『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』は、MPが有限であるから、MP消費について慎重に考えないと「やる気」はすぐなくなるということをとにかく強調した本です。

一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方
一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方 佐々木 正悟

ソーテック社 2007-09-15
売り上げランキング : 146473

Amazonで詳しく見る by G-Tools


MP節約戦略の中でもっとも一般的なのが先送り

MPを節約したいとすれば「システム2」をなるべく使わず、できれば「1」で全てを済ませたいところです。「1」の方がエネルギーを喰いませんから。

「仕事」に関して「直感的」で「即決」で「楽観的」な「システム1」のもっともやりそうなことは「先送り」です。「それは先送り!そっちも先送り!はいそれも無理そうだから先送り!」と「1」はすぐ決めてしまうのです。

(蛇足ながら「私は小難しい理屈より直感を信じて何でもパッパッとやっちゃうの。それでだいたいうまくいっているし!」という人は小気味よくつきあいやすい人ですが、こと「仕事」を頼むのであれば再検討した方がいいでしょう)。

もちろん「1」が「楽観的」に先送りしようとするのを理性的におさえるために「システム2」があるのです。しかしながらMP消費の多い「システム2」は最初から脳によって「足かせ」がはめられているようで、「1」と「2」の連携は想定しているほどうまくいかないのです。

システム2を決定づける特徴は、働かせるのに努力を要することである。ところがシステム2は怠け者という性格を備えており、どうしても必要な努力以上のことはやりたがらない。そこで、システム2が自分で選んだと信じている考えや行動も、実はシステム1の提案そのままだったということが、往々にして起きる。(第2章:太字は佐々木による)

つまり「1」は「本当は先送りしない方がいい」ときでも、「2」をうまくごまかすことで「先送り」という「決裁」を「2」から取り付けてしまうのです。「2」はぼんやりしている上司のようなものです。

システム1(直感)「今は時間もあまりないし、無理をしてもこの仕事は簡単ではありません。明日は天気も良さそうだし、時間もたっぷりありますから、この仕事は明日でよろしいでしょうか?」

システム2(理性)「うんそうだね」

というわけです。本書を読むとよく分かりますが、このようなやりとりを経た程度のことで私達は「論理的に熟慮した結果」と思い込めるからなかなかのものです。

MPは一度にたくさんは使えない

脳はしかしやみくもにMP消費を抑えようとしているのではありません。MPは貴重なのです。単に1日に使える全体量が乏しいというだけではなく、一気にまとめて使うことのできる上限値も決まっているようなのです。

彼らの実験で繰り返し確認されたのは、強い意志やセルフコントロールの努力を続けるのは疲れるということである。何かを無理矢理がんばってこなした後で、次の難題が降りかかってきたとき、あなたはセルフコントロールをしたくなくなるか、うまくできなくなる。この現象は、「自我消耗」(ego depeletion)と名づけられている。(第3章)

マラソンであれば、急にペースを上げたりしてはいけないということです。やむを得ず全力疾走してしまったりすると、その後休まなければならなくなってしまいます。その間にも判断を要する仕事が入ってこないという保証はありません。もしかしたらオフィスが火事になるかもしれません。

MPはおそらく緊急事態のために、常にいくばくかは「予備のストック」になっているのです。

以上を全体的に考え直してみると、いささか我田引水的ながらタスクシュートというシステムはよくできていると思います。タスクシュートはMP消費を常に睨みながら仕事を進められる、ほぼ唯一のタスク管理システムだからです。

MPというキーワードを念頭に置きつつ『ファスト&スロー』を読み進めると、タスク管理システムには次のような方針がベースにあるべきだと気づくでしょう。

  • 起床してしばらくはMPが豊富な大事な時間帯(大事な仕事を先に)
  • MPを多く消費する仕事を集中するなら休憩を挟むこと(自我消耗対策)
  • 1日にできる仕事の全体量、全体数には上限がある(MPは有限)
  • MPの乏しくなる状況(たくさん仕事をこなした後、難しい仕事をこなした後、起きてからだいぶ後の時間帯)に「判断力を要する仕事」を入れると先送りになる(直感の暴走、システム2の怠慢)
  • システム2をサポートするシステムがないと仕事は進めにくい(作業記録、時間シミュレーション、参照資料へのリンク)

以上の全てはたしかにタスクシュートのベースとなっている考え方です。

» ファスト&スロー (上)[Kindle版]


» ファスト&スロー (下)[Kindle版]


▼編集後記:

今回の記事からも明らかなとおり、例えば「7つの習慣」では「第2象限」として認識されている「重要だけど緊急ではないこと」は何かと先送りの対象になります。

  • ブログを書く
  • ジムに通う
  • 貯金する
  • 外国語の勉強

といった諸々です。そもそもどうしてそれらをするのかという問い合わせも大事なのですが、少なくとも「決意したものの、初日から連続先送り記録更新中」という事態を迎えるのはうれしくない。

けれども「目的をハッキリさせないからやる気になれない」などというのは、私には少なくとも半分くらいしか事実でないという気がします。

例えば「貯金」の目的はかなりハッキリしています。お金がなくなる。欲しいものがある。それにもかかわらずわけのわからない散財をしてしまうのが私達です。

「目的」というトップダウンを振りかざすのは最後の最後。私はこれ以上無理というところまで「タスク管理」というボトムアップから、この問題に取り組みます。

取り組むタイミング。見積もり時間。記憶の連続性の確保。そして先送りしないこと。

右脳を活用したりする前に、現実的にできることはたくさんあります。それをお伝えしていくのが私の仕事です。




▼「意志力のマネジメント」の新着エントリー

» 「意志力のマネジメント」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る